Home >中国ビザ・認証 申請代行サービス

中国ビザ・認証代行サービス

NEWS

中国査証情報

2020年3月より日本国籍の15日間までの査証免除措置は停止されております。

【2024年1月現在、15日以内の査証面免除措置がされている国】

シンガポール・ブルネイ・マレーシア・フランス・ドイツ・イタリア・オランダ・スペイン

【オンライン申請書とオンライン申請予約】

2020年8月1日よりオンライン上で申請書の作成が必要となりました。また、事前に申請予約が必要となりました。

オンライン申請書

申請書作成時注意事項:勤務先が英語もしくはカタカナ表記の場合は業種を入力するか出力後余白に記入する必要があります。

※申請予約は弊社にて行います。

【指紋採取・立会申請】

2021年2月8日より指紋採取が開始となっております。

査証申請時に申請者本人の立会申請が必要となります。

以下の方は指紋採取免除となります。

(1)14歳未満または70歳以上の方
(2)両手の指がすべて欠損している又は機械による認識ができない方

(3)5年以内に同じパスポートで中国駐日本大使館に指紋登録をされている方

(4)外交パスポートを所持している又は中国の外交、公用、礼遇ビザの要件を満たしている方

【事前審査の導入】

指定旅行会社にて対して2023年7月24日より、申請書類事前審査が導入されております。

書類審査を通過した場合のみ、申請に進むことができます。

書類審査で不可となった場合は、修正後、翌日以降に再度事前審査を行う必要がございます。

【ビザ申請スケジュール】

東京ビザセンター営業日:日本と中国の祝日を除く平日

【個人で申請する場合】

普通申請:4営業日(月曜に申請した場合は木曜午前の受領)

加急申請:3営業日(月曜に申請した場合は水曜午後の受領)

【指定旅会社を通して申請する場合】

普通申請:6営業日(事前審査2営業日+査証申請4営業日)

加急申請:6営業日(事前審査2営業日+査証申請3営業日)

【代行申請不可国(2019年時点)】

以下の国の方は代理申請ができません。ご本人にて直接申請してください。

アゼルバイジャン・アフガニスタン・アンゴラ・イエメン・イスラエル・イラク・イラン・ウズベキスタン・エジプト

カザフスタン・カタール・ガーナ・カメルーン・ガンビア・ギニア・ケニア・コンゴ

シエラレオネ・シリア・スーダン・スリランカ・タジキスタン・ドミニカ・トルコ・ナイジェリア

パキスタン・バングラデシュ・マリ・南アフリカ・リビア

中国査証申請

共通申請書類

    ①パスポート

    ◇余白2頁以上

    ◇申請日にそれぞれ規定の残存期間が残っているもの

    ◇失効したパスポートで中国の入出国履歴、査証履歴を証明する場合はその原本。

    ◇2018年以降に取得したパスポートで申請する場合、旧旅券も申請時に必要となります。旧旅券も2018年以降発行の場合、さらにもうひとつ前の旧旅券が必要となります。

    ◇旧旅券が提出できない場合は、誓約書が必要となります。

    誓約書が必要となるケース
    ①初めて旅券を取得された場合
    ②旧旅券を紛失、破棄をされた場合
    ③旧旅券失効から現旅券発効までの間が4年以上ある場合

    誓約書サンプルダウンロード

    ※パスポートの破損(ホチキスの跡、穴あき、破れ、汚れ、シミ、水濡れ)がある場合、申請不可となるケースがあります。また、免責書の提出が必要となります。

    免責書ダウンロード

    ②査証申請書

    オンライン申請書(東京申請)

    中国ビザ申請センターHPよりオンラインにて申請書を作成して下さい。

    作成完了後、出力した申請書の1枚目下と9.1の2箇所にご署名下さい。

    弊社ではオンライン申請書の代行作成も承っております。

    ③顔写真

    カラー写真1枚 (6ヵ月以内の撮影・背景白色)

    顔写真規定

    規定:縦4.8 x 横3.3cm(写真の下から顎ライン:7mm以上・上から頭頂部:3-5mm・顔の大きさ横 1.5-2.2cm 縦 2.8-3.3cm)

    ※フレームの太い眼鏡・色つき眼鏡・髪の毛で眉や耳が隠れている写真、帽子やスカーフ等の装飾品や華美なアクセサリーの装着された写真不可

    ※オンライン申請書作成時に顔写真データのアップロードが必要となります。

    ④コピー類

    ◇パスポート写真ページコピー

    ◇査証取得歴がある場合は、直近の査証ページコピー

    ◇居留許可証の取得歴がある場合は、直近の居留許可証ページコピー

    ◇中国渡航歴がある場合は、直近の入出国スタンプページコピー

    ◇旧パスポートを提出する場合には旧パスポート写真ページコピー

    ◇現地にて査証延長歴がある場合には、延長ビザページコピーと事情を記載した理由書の提出

    ◇現地にて停留ビザを取得した場合は、停留ビページコピーと事情を記載した理由書の提出

    元中国籍の方の申請

    ◇過去に中国ビザの取得歴があれば追加書類なし

    ◇はじめて中国ビザを申請する場合
    ①帰化したことが記載されている戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)
    ②「退籍」のスタンプが押されている中国のパスポート
    ※中国のパスポートの提出ができない場合、帰化するまでの経緯を記載した経歴説明書の提出が必要

    両親のどちらかが
    中国籍の方の申請

    ◇在留カードの両面コピー

    第3国籍の方の申請

    ◇在留カードまたは特別永住者証明書 カードの両面コピー

    ※国籍により、その他必要書類の提示を求められる場合がございます。

    ※領事判断により発給される査証の限定・取得日数の変更・発給見合わせになる場合がございます。

    18歳未満の方の申請

    ◇両親の身分証(パスポート、運転免許証)コピー

    ◇オンライン申請書項目9.2に両親いずれかの情報記入、両親2名の署名必要

    ◇両親の署名がされた渡航同意書の提出

    未成年渡航同意書ダウンロード

    特定渡航国

    ※特定渡航国:
    トルコ・パキスタン・アフガニスタン・シリア・イラク・キルギス・タジキスタン

    ◇特定渡航国への渡航歴がある場合は、該当の入出国スタンプページのコピーと入出国日を記載した説明書の提出が必要となります。

    説明書サンプルダウンロード

    ◇特定渡航国への渡航歴がある場合は、領事判断により通常よりも申請期間が長くなる、または発給見合わせとなる場合がございます。

査証タイプ

国籍

査証種類

有効期間

滞在日数

必要残存

共通必要書類以外に必要な書類

日本

業務

(M)

交流

(F)

シングル

3ヵ月

30日

6ヵ月

◆中国国内の受け入れ先からの招聘状
※招聘状の表記は日本語または中国、英語の場合は和訳必要
招聘状サンプル
招聘状入力版ダウンロード

◆2023年マルチプルビザの取得条件が緩和されました。

※半年・1年マルチは条件なし

※2年マルチは中国へ2回以上の渡航歴があること。直前2回分の入出国スタンプページのコピー。旧旅券に出入国スタンプがある場合には旧旅券原本の提出とスタンプページコピーが必要

◆マルチ査証申請取得条件
◇半年~1年マルチ:中国へ2回以上の渡航歴。直前の2回分の入出国スタンプのページコピー
※旧旅券に出入国スタンプがある場合には旧旅券原本提出。入出国スタンプのページコピー
◇2年マルチ取得条件:
1.申請日から遡って過去3年以内に業務(ヵ月)1年または2年多次査証の取得、あるいは就業(Z)のために居留許可を取得し中国に滞在していること。※未使用のものは除く
2.申請日から遡って過去3年以内に中国へ2回以上の渡航暦がある事。
※1年・2年マルチ90日滞在は現地法人等以外の会社からの招聘状の場合。取引先などの場合、発給可否は領事判断となります。

3ヵ月

90日

6ヵ月

ダブル

3ヵ月

30日

6ヵ月

6ヵ月

30日

7ヵ月

6ヵ月

90日

9ヵ月

半年マルチ

6ヵ月

30日

7ヵ月

1年マルチ

1年

30日

13ヵ月

1年

90日

15ヵ月

業務

(M)

2年マルチ

2年

30日

25ヵ月

2年

90日

27ヵ月

駐在

(Z)

シングル

3ヵ月

181日

以上

6ヵ月

◆外国人工作許可通知◆登記書(登記簿上の代表者、または代表者交代の場合)※2018.1.15より加急・特急申請不可

駐在家族(S)

S1

3ヵ月

181日

以上

6ヵ月

◆中国国内に居留する外国人(招聘する親族)からの招聘状
招聘状サンプルダウンロード
◆招聘者のパスポートコピー

◆招聘者の査証面コピー

◆招聘者の居留許可面コピー

◆招聘者の外国人工作証コピー及びQRコード内コピー

◆招聘者の在職証明書(出発日起算で居留許可の有効期限が180日を切っている場合)

在職証明書サンプルダウンロード※具体的な将来の年月日の記載が必要

◆戸籍謄本

◆S1:居留許可を申請する旨の誓約書
誓約書サンプルダウンロード

◆18歳未満のお子様につきましては9.2の箇所の入力とご両親の署名が必要となります。後追い家族の方につきましては、「父親は中国赴任中の為署名できません」という内容の説明書が必要となります。
説明書サンプルダウンロード

 

※家族だけの後追い申請の場合は、加急申請可

S2シングル

3ヵ月

30日

6ヵ月

3ヵ月

90日

6ヵ月

3ヵ月

180日

9ヵ月

S2ダブル

 

 

3ヵ月

30日

6ヵ月

6ヵ月

30日

7ヵ月

6ヵ月

90日

9ヵ月

観光

(L)

シングル

3ヵ月

30日

6ヵ月

◆Eチケットのコピー

◆滞在日数分のホテル予約確認書

※ホテルには滞在せず中国在住の友人宅などに滞在する場合は、招聘状が必要となります。

観光招聘状ダウンロード

留学

(X)

長期留学

X1

3ヵ月

181日

以上

6ヵ月

◆入学許可証(署名欄がある者は申請者署名済みのもの)
◆JW(外国留学人員来華査証申請表、申請者署名済みのもの)
※JW201 国費   ※JW202 自費   
◆X1:居留許可を申請する旨の誓約書

短期留学

X2

 

 

3ヵ月

30日

6ヵ月

3ヵ月

90日

6ヵ月

3ヵ月

180日

9ヵ月

親族訪問(Q)

シングル

3ヵ月

30日

6ヵ月

◆戸籍謄本
◆中国在住の中国人親族からの招聘状
招聘状サンプルダウンロード
◆招聘状発行者の身分証両面コピー

◆招聘人と親族関係証明 (戸口本の全コピー、結婚証、出生証、公安局発行の関係証明 又は親族関係公証等)

◆中国籍の配偶者の親族を訪問する場合、配偶者のパスポートコピー・在留カード両面コピー
※日本人と中国人との間に出生した生後18カ月以内のお子様は申請できません。

3ヵ月

90日

6ヵ月

3ヵ月

180日

9ヵ月

ダブル

3ヵ月

30日

6ヵ月

6ヵ月

30日

7ヵ月

6ヵ月

90日

9ヵ月

半年マルチ

6ヵ月

30日

7ヵ月

1年マルチ

1年

30日

13ヵ月

1年

90日

15ヵ月

2年マルチ

2年

30日

25ヵ月

2年

90日

27ヵ月

2年

180日

30ヵ月

記者

( J )

常駐 J1

3ヵ月

181日

以上

12ヵ月

◆中国外交部新聞司からの公電。申請者所属企業発行の保証書

短期 J2

1ヵ月

公電

6ヵ月

◆中国外交部新聞司からの公電。申請者所属企業発行の保証書

公用

シングル

3ヵ月

30日

6ヵ月

◆口上書 ◆招聘状(座藍外交官との協議目的のお場合は招聘状不要)※加急・特急申請は日本国外務省から中国大使館への早期発給依頼が必要

ダブル

3ヵ月

30日

6ヵ月

第3国籍

業務

(M)

交流

(F)

シングル

3ヵ月

30日

6ヵ月

◆必要書類:日本国籍の書類+在留カードまたは特別永住者証明書 カードの両面コピー
※国籍により、追加書類を求められる場合がございます。
※国籍により、加急特急申請不可、また代理申請不可の場合もございます。

3ヵ月

90日

6ヵ月

ダブル

3ヵ月

30日

6ヵ月

6ヵ月

30日

7ヵ月

6ヵ月

90日

9ヵ月

半年マルチ

6ヵ月

30日

7ヵ月

1年マルチ

1年

30日

13ヵ月

1年

90日

15ヵ月

業務

(M)

2年マルチ

2年

30日

25ヵ月

2年

90日

27ヵ月

観光

(L)

シングル

3ヵ月

30日

6ヵ月

◆Eチケットのコピー

◆滞在日数分のホテル予約確認書

記者

(J)

常駐 J1

3ヵ月

181日

以上

12ヵ月

※公電機関 取材・カメラマン等は会合部新聞司等、ドラマ・映画製作等は電影電子部等、スポーツ取材等は体育委員会等

短期 J2

1ヵ月

公電

6ヵ月

※保証書記載内容 所属先詳細(社名・住所・TEL)・申請者情報・取材内容・訪問都市・会社員・責任者署名

特定国籍

アメリカ

-

-

-

パスポートの残存日数1年以上あれば10年マルチ60日での発給

1年未満は招聘状に応じた査証タイプ。

カナダ

-

-

-

パスポートの残存に応じた年数のマルチ60日滞在での発給

1年未満は招聘状に応じた査証タイプ。

ブラジル

-

-

-

パスポート残存に応じた最大5年のマルチ90日滞在での発給

1年未満は招聘状に応じた査証タイプ。

中国認証

2023年11月7日より外務省にてアポスティーユの証明を得れば中国本土に送付し使用できることになります。

これにより、11月7日以降は中国ビザセンターでの領事認証は不要となり、中国大使館は領事認証業務停止することを発表しました。

領事認証業務停止のおしらせ(中国大使館)

日本の官公署,自治体等で発行された公文書を中国国内で使用する場合、外務省の証明が必要となります

アポスティーユ証明ができるものとできないものについては外務省HPよりご確認頂けます。

外務省HP

 

 

企業情報プライバシーポリシー標準旅行業約款・条件書サイトマップ
Copyright (C) 2009~ China Enterprise Co.,Ltd. All rights reserve.